緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。
緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。

 

安否確認システムとは、地震や火災、水害などの災害やテロなどの緊急事態が発生した際に、従業員やその家族の安否情報を得るために利用するシステムのことです。

 

安否確認は、昨今話題となっているBCP(事業継続計画)の中でも特に重要な位置づけとなっており、東京都は「東京都帰宅困難者対策条例」の第三章「安否確認及び情報提供」において、「事業者等は、大規模災害の発生時において従業者、利用者等に対して安否情報の確認手段の周知及び災害関連情報等の提供に努めなければならない。」と定めています。

 

災害が発生した直後、まず重要なことは身の安全の確保、そして経営者、従業員とその家族の安否確認です。さらに、災害後の事業再建には人手が必要となるため、社員の安否確認と同時に人員確保のための緊急連絡手段が必要となります。

 

事業の早期復旧のためには、従業員が無事であるか、参集は可能か、会社の状態はどうなっているか、など多くの情報をより早く、正確に収集する必要があります。
しかし、全従業員の一人一人に確認連絡を行うことは多大な時間を要すると共に、防災機関優先の通信規制をされた環境の中では、リアルタイムの情報を把握することは困難となります。
また、多くの人が一斉に連絡を取り合おうとすることで、音声電話の回線は非常に混雑し、繋がりにくい状態となります。実際に、新潟県中越沖地震や東日本大震災が発生した際は「電話で安否確認を行おうとしたが繋がらない」というケースが多くありました。

 

緊急時、家族や従業員と連絡が取れないことは、更なる不安を引き起こす要因だけでなく、身動きの取れない現場の混乱を招く二次被害にもなりかねません。

 

そこで、音声電話以外の安否確認システムを用意しておくと、災害時にも繋がりやすい緊急連絡手段として活用できます。緊急・災害時の安否確認や情報共有をスムーズに行えることが、安心や正確な情報の収集へと繋がり、早期復旧の計画を立てやすくなります。
その為、安否確認システムには、緊急時に使いやすいこと、宛先を自由に設定して一斉配信できること、簡単かつ迅速に集計できることが求められます。

 

また、安否確認サービスがBCP対策の強い味方となるのが「事前の防災訓練が可能である」ことです。
経営者及び従業員の安否や状況を知るための方法や手順など、緊急時における連絡体制を事前に整備し、災害を想定した訓練を定期的に行い使い慣れておくことで、最悪の事態が発生した際にもスムーズに連絡、状況確認を行うことが可能となり、BCP対策において有効な備えとなります。

 

安否確認システムとは、普段とは異なる事態が発生しても、素早い情報収集を可能とし、情報の錯綜を抑え、事業の早期復旧を実現するための第一歩となる、非常に重要なシステムです。

 

 

※本記事は、下記参考資料を基に株式会社パスカルが作成しました。

【参考資料】(参考、一部転用)

東京都防災ホームページ

  • アクセスランキング

  • どんな使い方があるの?「緊急連絡網で新型コロナウイルス対策」

  • 流行型感染症を知る「新型コロナウイルス」

  • 地震による二次災害

  • 大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

  • 今後の大地震に関する情報
  • rank – オクレンジャーブログ

この記事の関連記事

地震に関するコラム – オクレンジャーブログ

まずは無料トライアルをお試しください!

まずは2週間の無料トライアルで全ての機能を体験してください。
地震・気象自動配信機能といった緊急連絡・安否確認に必須のオプションや、専門スタッフによるヘルプデスク も自由にご利用いただけます。

資料請求・お問合せ

導入に関するご質問、資料のご請求等は、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
無料体験版のお申込みもこちらからお気軽にお申込みください。

トップへ戻る

×