緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。
緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。

減災とは?企業に求められる減災対策を詳しく解説!

公開 カテゴリー: 企業の災害対策に関するコラム

日本は、地震や台風など自然災害の多い国です。
昨今、「減災」や「BCP(事業継続計画)」が注目されており、対策を行う企業が増えています。減災とは何なのか、企業ではどのような対策が行われているのか、解説していきます!

 

1. 減災とは?

災害の発生を完全に防ぐことは不可能ですが、被害を最小限にし、被害のあった部分の迅速な回復を図るという考え方が「減災」です。

国による防災基本計画では、減災について以下のように紹介しています。

災害の発生を完全に防ぐことは不可能であることから,災害時の被害を最小化し,被害の迅速な回復を図る「減災」の考え方を防災の基本理念とし,たとえ被災したとしても人命が失われないことを最重視し,また経済的被害ができるだけ少なくなるよう,さまざまな対策を組み合わせて災害に備え,災害時の社会経済活動への影響を最小限にとどめなければならない。

出典:防災基本計画 第2章 防災の基本理念及び施策の概要より

 
「減災」は、1995年に起きた阪神・淡路大震災を機に重要視されるようになり、現在では地方公共団体や企業にも減災対策が求められています。
 

2. 減災と防災の違い

減災と防災、どちらも災害対策でよく耳にする言葉ですが、それぞれ意味が異なります。
 
減災
災害に対する備えとして、「被害を出さない」ことを目指すのではなく、「災害による被害をできるだけ小さいものにとどめる」ことを目指す考え方
 
防災
台風・地震・火事などの災害を防ぐこと

出典:weblio 辞書

 
「減災」は災害による被害を最小限に抑え、被災後の迅速な回復を図ることを目的としているのに対し、「防災」は災害を完全に防ぐことを目的としています。
被害をゼロに抑えることが第一ではあるものの、減災の考え方の方がより現実的で合理的です。
 

3. 企業で行われる減災対策

備蓄

災害発生時、人命救助が72時間(3日)を超えると命の危険が高まることから、最低でも3日分の備蓄が必要とされています。特に必要なのが、以下の3つです。

・水   ⇒3ℓ/日×3×人数
・食料  ⇒3食/日×3×人数
・毛布  ⇒1人1枚

その他、簡易トイレや、救急セット、懐中電灯などまとめて備蓄しておくと良いでしょう。
 

避難訓練

消防法第8条により、避難訓練が義務付けられています。
 
防火管理者を定め、政令で定めるところにより、当該防火対象物について消防計画の作成、当該消防計画に基づく消火、通報及び避難の訓練の実施、消防の用に供する設備、消防用水又は消火活動上必要な施設の点検及び整備、火気の使用又は取扱いに関する監督、避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理並びに収容人員の管理その他防火管理上必要な業務を行わせなければならない。

出典:消防法 第8条より

これは、火災だけではなく、地震やその他の災害にも効果を発揮します。
実際に災害が起これば、誰でもパニック状態になります。訓練をしておくことで、命を守る行動に繋がるでしょう。
 

転倒防止

社内にいるときに地震が起きれば、オフィス家具類が転倒し巻き込まれてしまう可能性があります。災害が起こる前から、オフィス家具の固定や置き方に注意しましょう。
 
東京都はオフィス家具の転倒防止対策として以下のように案内しています。
 
・オフィス家具の固定
金具で壁とボルトを固定する方式が最も効果的。
ラッチ付やセーフティロック付きの家具を選ぶ。
重い収納物を下に入れて、重心を下げる。
家具の上に物を置かない。
時計、額縁等は落下しないよう固定する。

・オフィス家具の置き方
デスク周辺には、背の高い家具を置かない
避難経路を確保した家具の配置をする。
家具を仕切り壁代わりにしない。

 

会社周りの地形について知る

会社周りの地形を知り、どのような自然災害が起こる可能性があるか調べておくことも減災対策の一つです。
 
国土地理院が提供している地理院地図では、土地の成り立ちや地形の災害リスクも調べることができます。
また、表示する地形を、自然地形と人口地形から選ぶことができ、普段確認することができない土地の状態や、起こり得る災害について学ぶことができます。
会社周りの地形について、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

定期点検

備蓄は十分にあるか、破損個所や劣化箇所はないか、設備に問題はないかなど、定期的に点検しておくことで、実際に災害が起こったときのリスクを減らすことができます。
 
減災対策には必要なものを備えておくことが重要ですが、備えたから大丈夫と安心するのではなく、月に1回など見直す時期を設定しておくと良いでしょう。
 

安否確認システム

安否確認システムとは、災害や緊急事態が起こった際に、従業員やその家族の安否情報、状況を確認するためのシステムです。
災害時は、電話回線やインターネット回線にアクセスが集中し、繋がりにくくなる可能性が考えられます。そのため、災害時にも繋がりやすい安否確認システムを導入している企業は多くなっています。
 
安否確認システムは、安否確認以外にも、従業員の緊急参集、被害状況の共有の役割も担います。具体的な活用方法としては、サプライチェーン向けに被害状況を確認することで、被災後の対応を迅速に行うこともでき、事業の回復にも繋がります。
 

4. まとめ

被害を最小限に抑え、事業の迅速な回復を目指すには、災害が起こる前の備えが重要です。自然災害はいつ起こるかわかりません。人命を守ることが第一ですが、被災後の事業回復のため、必要な対策を行っておきましょう。

記事監修

オクレンジャー

株式会社パスカルは法人向け安否確認システム「オクレンジャー」をご提供し、災害時の正確な安否確認と迅速な緊急連絡を実現しています。

システム開発における30年以上の実績と知見をもとに、使いやすく質の高いサービス提供を続け、140万人以上のお客様にご利用いただいております。企業、病院、官公庁など幅広い企業のBCP対策に貢献し、皆様の安全に貢献しております。

  • アクセスランキング

  • どんな使い方があるの?「緊急連絡網で新型コロナウイルス対策」

  • 流行型感染症を知る「新型コロナウイルス」

  • 地震による二次災害

  • 大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

  • 今後の大地震に関する情報
  • rank – オクレンジャーブログ

この記事の関連記事

企業の災害対策に関するコラム – オクレンジャーブログ

まずは無料トライアルをお試しください!

まずは2週間の無料トライアルで全ての機能を体験してください。
地震・気象自動配信機能といった緊急連絡・安否確認に必須のオプションや、専門スタッフによるヘルプデスク も自由にご利用いただけます。

資料請求・お問合せ

導入に関するご質問、資料のご請求等は、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
無料体験版のお申込みもこちらからお気軽にお申込みください。

トップへ戻る

×