緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。
緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。

土砂災害の危険性

公開 カテゴリー: 企業の災害対策に関するコラム, 気象・天気に関するコラム


 

地震や台風などの災害によって誘発する“土砂災害”。
災害の多い日本では過去に何度も発生しており、大きな被害を受けています。
土砂災害は、街やそこに暮らす人々の生活を一変させます。
土砂災害とは何か、なぜ起きるのかをご紹介します。
 

■土砂災害とは
台風などによる大雨や集中豪雨または地震により、山腹や川底の石、土砂などが一気に下流へと押し流されることによって起きる災害です。
日本は山地が多く、急勾配な山面が多く存在します。更に、梅雨や台風などによる大雨や長雨が降り、土砂災害が引き起こされやすい環境であることが言えます。
そのため、山腹のがけが崩れ落ちて民家を破壊したり、土石流が街に流れ込み交通網を麻痺させるなど、これまでも非常に大きな被害が各地で起きています。
 

■土砂災害の種類
土砂災害にはいくつか種類があります。

 

・がけ崩れ

大雨などにより斜面が崩れ落ちる現象。
突然発生し非常に速いスピードで崩れ落ちてくる。威力も強く、人の命を奪うなど被害が大きくなる場合も多い。
 
 

・土石流

土砂が大雨などによって水分を含み、河川などへ流れ出ていく現象。
流れの急な河川などが近くにある場合は特に危険であり、大きな岩なども勢いよく流れ、人家や田畑を押し流す。
 
 

・地すべり

土地の一部(斜面)が地下水の影響などにより、斜面下方へ徐々に移動する現象。
広範囲で発生するため、被害が大きくなりやすい。
 
 

■土砂災害から身を守るためには
土砂災害から身を守るためには、気象警報などの情報を収集し避難するなど、状況に応じた行動をとることが大切です。
気象庁のHPでは「土砂災害に関する防災気象情報を活用した避難行動について」の中で、気象警報が出された際、市町村や住民がとるべき行動を掲載しています。

「土砂災害に関する防災気象情報を活用した避難行動について」(気象庁ホームページより)
 

地域によっては土砂災害警戒区域に指定されている場所もあります。自分が暮らす街や勤め先などの地形を理解しておくことも非常に重要です。
また、上の図にあるように、気象情報だけでなく、ハザードマップで危険箇所や避難場所、避難ルートを事前に確認しておくことで、緊急時であってもとるべき行動がわかります。
各地域のハザードマップは国土交通省のホームページからご確認頂くことができます。
 

突然起きる災害には、事前の準備が大切です。
地震や津波は勿論、土砂災害への防災も考えてみてはいかがでしょうか。
 
 

※本記事は気象庁ホームページの情報を元に株式会社パスカルが作成しました。
※写真は一般財団法人消防防災科学センター「災害写真データベース」よりお借りしています。

  • アクセスランキング

  • どんな使い方があるの?「緊急連絡網で新型コロナウイルス対策」

  • 流行型感染症を知る「新型コロナウイルス」

  • 地震による二次災害

  • 大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

  • 今後の大地震に関する情報
  • rank – オクレンジャーブログ

この記事の関連記事

気象・天気に関するコラム – オクレンジャーブログ

まずは無料トライアルをお試しください!

まずは2週間の無料トライアルで全ての機能を体験してください。
地震・気象自動配信機能といった緊急連絡・安否確認に必須のオプションや、専門スタッフによるヘルプデスク も自由にご利用いただけます。

資料請求・お問合せ

導入に関するご質問、資料のご請求等は、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
無料体験版のお申込みもこちらからお気軽にお申込みください。

トップへ戻る

×