緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。
緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。

大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

公開 カテゴリー: 地震に関するコラム

日頃から防災グッズ、安全対策など地震に備えることはもちろん、いざ大地震が発生した時にどのような行動をとればいいかをイメージしておくことも重要です。ここでは大地震直後の行動をご紹介していきます。

 

≪≪≪大地震発生!≫≫≫
ステップ1 身の安全を守る
揺れている間は落下物から身を守り、揺れがおさまるまで待ちましょう。
・机の下に入る
・クッションや雑誌などで頭を保護する
・家具や窓などのガラス面から離れる
+Point:普段から家の中の安全チェックをしておくことも重要です。

 

<<揺れがおさまった>>
ステップ2 火の始末をする
地震後に発生する火災の多くが民家のガスコンロや通電状態となった暖房器具や照明器具によって引き起こされます。
避難前には、必ず火の始末をして被害拡大を阻止しましょう。
・台所のガスの元栓を閉める
・ストーブを切る
・ブレーカーを落とす

 

ステップ3 避難可能な出口の確保をする
ガラス片や転倒家具に注意して、避難経路を確保しましょう。

 

ステップ4 安否確認と災害・避難情報を入手する
身の安全を確保できたら、次のことを行いましょう。
・家族の安全、安否の確認
・災害情報、避難情報の入手
+Point:地震後、音声電話は非常に混雑するため繋がりにくくなります。離れて暮らす人への連絡は災害伝言板や安否確認システムなどの災害時に強い連絡方法を用意しておきましょう。
+Point:ライフラインが止まるとテレビやパソコンは使えません。余震や災害情報の取得は、ラジオやSNSが役立ちます。(SNSは公的機関等の正しい情報を得ることが前提です。)

 

<外に出る>
ステップ5 避難
火災や津波など、二次災害の発生が予測されます。安全な場所へ避難しましょう。
・一時集合場所や広域避難場所に避難する
・沿岸部などの津波の危険性がある場所は、高台などの安全な場所に避難する
+Point:一時集合場所とは、近隣住民が一時的に集合する場所です。広域避難場所とは、自治体が指定した避難場所です。いずれも事前に確認しておきましょう。

 

ステップ6 近隣住民の安否確認と助け合い
近隣住民の救出、救護にあたりましょう。
・倒壊家屋や転倒家具の下敷きになっている人の救出
・火災発生の消火活動
・けが人の救護
+Point:救出が必要な人を見つけた場合は一人で行動せず、助けを呼ぶなどして複数人で行いましょう。

 

 

 

<その他>
■外出先で地震発生
【屋外にいる時】
電柱やブロック塀などには近づかないようにします。高層ビル街にいる場合は、窓ガラスや看板が降ってくる危険性がありますので、バッグなどで頭を覆いながら避難しましょう。
【会社、商業施設などの屋内にいる時】
倒れやすい物から離れ、机や柱などがあれば身を寄せてしゃがみます。揺れがおさまるのを待ってから、避難指示係に従って行動しましょう。避難時は決してエレベーターを使用しないでください。
【車内にいる時】
揺れがおさまるまで車内で待機します。揺れがおさまったら、緊急車両の妨げにならないよう車を路肩に寄せて、ラジオなどで災害情報を入手します。被害が大きければその場に車を置いて避難しますが、車の鍵は差したままにしましょう。鍵を持ったまま避難してしまうと、邪魔になった時に車を移動できません。

 

■地震直後に絶対してはダメなこと
×ライター、マッチなどに火をつけない
ガス漏れが発生している場合、引火して爆発する恐れがあります。
×ブレーカーを上げない。電気スイッチに触れない
通電で火災が発生する危険性があります。
×エレベーターに乗らない
電気系統トラブルで閉じ込められる危険性があります。階段を使用しましょう。
×不要不急の電話使用を控える
必要な電話連絡の妨げになります。
災害伝言板/安否確認システムなど専用サービスを利用しましょう。
×自動車に乗らない
渋滞の原因になり、緊急車両の通行の妨げになります。

 

大地震に遭遇する場所は特定できませんが、いずれの場所においても共通することは「揺れがおさまってから行動する」という点です。その後、落ち着いて行動することが重要となりますが、それは日頃の防災意識によって培われた知識や前準備が大きく影響します。
日々の行動範囲のなかで「そのとき地震がきたら」を想定しておきましょう。

 

※本記事は、下記参考資料を基に株式会社パスカルが作成しました。
東京都防災ホームページ
防災対策ガイド

  • アクセスランキング

  • どんな使い方があるの?「緊急連絡網で新型コロナウイルス対策」

  • 流行型感染症を知る「新型コロナウイルス」

  • 地震による二次災害

  • 大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

  • 今後の大地震に関する情報
  • rank – オクレンジャーブログ

この記事の関連記事

地震に関するコラム – オクレンジャーブログ

まずは無料トライアルをお試しください!

まずは2週間の無料トライアルで全ての機能を体験してください。
地震・気象自動配信機能といった緊急連絡・安否確認に必須のオプションや、専門スタッフによるヘルプデスク も自由にご利用いただけます。

資料請求・お問合せ

導入に関するご質問、資料のご請求等は、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
無料体験版のお申込みもこちらからお気軽にお申込みください。

トップへ戻る

×