緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。
緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」は
従業員の安否をアプリ・メールで簡単スピーディーに収集できます。

BCP策定の事例

公開 カテゴリー: BCPに関するコラム, コラム


BCPの重要性、防災対策との違い、そして準備や取り組みについては、現在公開中のコラムでもご案内をしていますが、今回は具体的な策定事例についてご紹介します。
「BCPの策定」というと身構えてしまう方も多いかもしれませんが、まずはシンプルに、目的や目標を定めるところから始めてみましょう。

【ステップ① 基本方針を明確にする】
まずは企業として、「何のためにBCPを策定するのか」「何を守らなければいけないのか」といった方向性を考えます。
(例)・人命(従業員・顧客)の安全を守る
・自社の経営を維持する
・顧客からの信用を守る
・供給責任を果たし、従業員の雇用を守る
・地域経済の活力を守る

【ステップ② 発動基準を明確にする】
BCPの発動とは、実際に災害等に直面した際、対策を実行に移すことです。自社の事業への影響を最小限に抑え、速やかな復旧を目指します。
適切なBCP発動において鍵となるのが「発動基準」です。どのような状況に陥ったらBCPを発動するのか明確な基準を定めておきましょう。
(例)・地震:事業所在地の都道府県で震度5強以上の地震が発生
・台風:事業所在地の都道府県に超大型台風が直撃
・火災:事業所で火災が発生
・パンデミック:国内で感染力の強い流行疾患の蔓延が発生

【ステップ③ 目標復旧時間・復旧レベルの設定】
目標復旧時間とは、事業をいつまでに復旧させるかの目安です。災害による被害の大きさや取引先との関係などを踏まえて、事業復旧までにどのくらい時間を掛けられるのかを設定します。
また、「いつまでに、どこまで復旧させるか」という目標とする復旧対象のレベルも併せて設定します。
(例)・1日目:従業員・従業員の家族・顧客・取引先の安否確認、事業所の被災状況確認
・2日目:取引先への納品を代替生産体制に切り替える
・5日目:電力復旧
・7日目:自社工場での生産体制復旧
(※緊急事態発生からの日数)

【ステップ④ 災害時マニュアル・フローの作成】
具体的な基本方針、発動基準、復旧目標が決まったら、それらを文書化しマニュアルの作成を行います。初動対応、担当者、指令、確認事項、これらの流れを明確にするために、フローチャート形式での作成が適しています。
さらに重要なのが、最新のマニュアル・フローを保持することです。年度ごとの人事異動や、部署構成の変更に合わせて、常に最新の情報になるよう定期的に更新しましょう。

(例)発動フローイメージ

今回はBCPの策定事例を紹介いたしました。
策定内容については、ご自身の事業内容に適した応用が必要になります。
下記のホームページに作成例の紹介もございますので、参考にご覧ください。

※本記事は、下記ホームページの情報を基に株式会社パスカルが作成しました。

・中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針~緊急事態を生き抜くために~」
・内閣府 防災情報のページ

  • アクセスランキング

  • どんな使い方があるの?「緊急連絡網で新型コロナウイルス対策」

  • 流行型感染症を知る「新型コロナウイルス」

  • 地震による二次災害

  • 大地震発生!~そのとき、とるべき行動~

  • 今後の大地震に関する情報
  • rank – オクレンジャーブログ

この記事の関連記事

BCPに関するコラム – オクレンジャーブログ

まずは無料トライアルをお試しください!

まずは2週間の無料トライアルで全ての機能を体験してください。
地震・気象自動配信機能といった緊急連絡・安否確認に必須のオプションや、専門スタッフによるヘルプデスク も自由にご利用いただけます。

資料請求・お問合せ

導入に関するご質問、資料のご請求等は、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
無料体験版のお申込みもこちらからお気軽にお申込みください。

トップへ戻る

×